ワキガ治療と臭い対策

img-1

ワキガ治療は基本的には美容外科や皮膚科などを受診してアポクリン腺を取り除く手術を受けるのですが、手術にもさまざまな方法があり、手術の痕が目立たないようにする場合は保険の適用外なので、自由診療となるので30万円以上かかります。



手術の痕が多少残ってしまう手術は保険で受けることができるのですが、美容外科の場合は自由診療しか受け付けていない可能性があります。



一般の皮膚科の場合はワキガ治療を保険の範囲内でしてもらえるので、自由診療のお金が無い場合には皮膚科で保険治療をすることをおすすめします。



ワキガ治療をしなくても臭いを抑えることが可能で、アポクリン腺から出てくる汗に脂肪が多く含まれていて、菌が異常に繁殖することで臭いが発生してしまうので、腋毛をそって、汗が付着しないようにして、まめにふき取ることでだいぶ防ぐことができます。



また市販の汗を止めるクリームやスプレーをすると殺菌作用もあるので、長時間臭いを抑えることができます。



ワキガ治療が必要な人としては飲食業で働いていたり、接客業をしている人などで、人に不快感を与えてしまう臭いなので、注意が必要で、なるべく手術をして症状を抑えることが重要です。



また高校生などは体の発育が終わっていないので、原因となるアポクリン腺がこれからできる可能性が高いので、手術をしても効果があまりありません。



一時的に症状をなくすのであれば、人体に影響の無い毒素をアポクリン腺に注射して麻痺させる方法もありますが、3ヶ月程度しか効果が維持されません。



関連リンク

img-2
ワキガの治療法を調べる

ワキガの治療法は種類が多い他、症状の具合によっても方法が変わってきます。基本的には臭いの原因であるアポクリン汗腺を除去する事ですが、自身の症状に合わせた治療法を選択する事が必要です。...

more
img-2
デオドラントでワキガの治療

自分でもワキガの治療を行うことはできますので、臭いが気になるときには試してみるとよいでしょう。まず、ワキガの治療法として最適になってくるのが、デオドラントを使う方法となってきます。...

more
top