ワキガの治療法を調べる

img-1

ワキガの治療法は種類が多い他、症状の具合によっても方法が変わってきます。



基本的には臭いの原因であるアポクリン汗腺を除去する事ですが、自身の症状に合わせた治療法を選択する事が必要です。



コットンなどに染み込ませた塩化アルミニウム液という制汗剤をワキに塗布する方法があり、症状が比較的軽い場合は効果を発揮します。


その他にはボトックス注射という方法もあります。



本来は顔のシワなどを無くすアンチエイジングのために使用されていますが、ワキガの治療にも使われています。



ボトックスにはアセチルコリンという、発汗を促す伝達物質の働きを抑制する作用があり、過剰な発汗を防ぐ事ができます。

ただ、この注射の効果は永続的という訳ではなく、個人差はありますが3ヶ月から半年程が有効期間となっています。



手術療法の場合は効果が生涯持続するので根本的な方法であり、ワキを切開し、メスやハサミなどでアポクリン汗腺を皮膚ごと切り取るという内容となります。



また、最近ではミラドライ療法という新しい治療方法があります。


これはワキガ及び多汗症専門の医療機器を使用しており、電磁波であるマイクロウェーブをワキの皮膚の表面に照射し、汗腺部分に熱を集中させて汗腺の組織を破壊して汗を出さないようにするという方法であり、電子レンジの原理を応用したものとなっています。



ワキガの治療にあたり医師と患者の信頼関係は大切であり、カウンセリングも重要となっています。



関連リンク

img-2
ワキガの治療法を調べる

ワキガの治療法は種類が多い他、症状の具合によっても方法が変わってきます。基本的には臭いの原因であるアポクリン汗腺を除去する事ですが、自身の症状に合わせた治療法を選択する事が必要です。...

more
img-2
手術をしないワキガ治療

ワキガ治療における根本的な治療法はアポクリン腺の除去手術なのですが、最近では多汗症の原因となっているエクリン腺、アポクリン腺を全て取り除くことは不可能であることがわかってきていて、ワキガ治療の最新の方法として、ボトックス注入という方法が開発されました。これは新しいワキガ治療の方法で、交感神経の作用を局所的に弱めることができるボトックスという薬を皮膚の下に注射することで4ヶ月から5ヶ月程度の間、汗の分泌を減少させることができる方法です。...

more
top